暖冬とはいえ冬は寒い。そんな時期に、雨が降ろうが、風が吹こうが、吹きさらしの中でも釣りをする、正直、どーかしてるよって人たちが少なからずいます、で、私もひょっとすると、そっちの人に近いのかも。笑

no title

この時期になると少しでも寒さから逃げるために、鳴門の方に釣に行く事があるのですが、小鮎釣りのお友達、小鮎フォーリーブスのメンバーから、「おれ達も連れて行け」ってリクエストを頂きました。笑
なのに、最初に計画した日は低気圧の通過で大荒れで計画延期、その強風の影響で水温が下がりサヨリも今イチな状況に。 やっと、天候も落ち着き、釣果情報から、サヨリが釣れ出したと思っていたのに、再設定した今回の釣行予定日もまたもや雨予報、誰が雨男なんでしょうね。笑 


小鮎フォーリーブスのメンバー(私は除く)は、この寒い時期に山間部にワカサギ釣りに行ったり、夜中に琵琶湖湖畔にワカサギ掬いに行ったりする、どうかしてる方々なのですが、まあ、せっかくみんなでの釣行なので、状況の良い時にしょうと言う事で、釣行は再度延期としました。次はいつにしましょう。笑


ただ、雨予報とはいえ午後から1mm未満の予報ですし、私は暫く釣りに行ってません。で、その程度の雨ならと、みんなでの計画は延期しましたが、私は行くことにしました(まあ、私には1mm程度なら雨ちゃいますしって私もどーかしてる人なんかな・・・ 笑)
それと、小鮎フォーリーブスのメンバーの中の御一人から、ヒコさん行くなら私も行くとの連絡を頂いたので、今回は小鮎ブルースブラザーズでの釣行となりました。笑 

しゃーきさん よろしくお願いします。笑


 

しゃーきさんと合流して出発、久しぶりの釣行で気持ちが急いていたのか、現地到着は一番乗でした。まあ、天気が良くなかったので釣行者も少なかったからかも知れません。

no title

※我々以外に2組の5名で出船、いつもは結構大勢での出船なんですがやはり天気の影響で釣行者はかなり少ないのですが、冬場の雨予報でも釣りに来る、やはり、四国にもどーかしてる釣り人はいました。笑


本日乗った筏
IMG_4885
※サヨリ狙いだと伝えると、潮の動きが少ないウチノ海の中でも鳴門の潮の影響を受けて潮が動きやすい、最奥の筏に乗せてくれました。

 no title

※前方に見える橋を抜けるとウチノ海から激流の鳴門海峡に出ます。今回はかなり奥の筏です。

まずは挨拶代わりにサビキを入れますがまったく無反応、生命観がありません。サヨリを始めますがこちらも同じく無反応。小一時間撒き餌を続けますが全く反応はありません。

no title
※退屈なのでお茶タイム。

行方不明だったMSRのシングルバーナーが倉庫から見つかったので、今回はこのシングルバーナーを持ち込みました。20年以上遊ばしてたのでたまには働いてもらわないと。笑 

 
とはいえ、鳴門まできてお茶飲んでのんびりしてる場合でもないので、一服もそこそこに釣り再開。

no title
 
9時過ぎにやっと最初の一匹がしゃーきさんにかかりました。 おめでとう。

no title
 
その後、私にも。測らなくても30UPのサヨリ。

ポツポツと釣れ出しましたがやはり魚の密度は薄いのか、なかなか数は上がりません。ただし、前回釣行より魚のサイズは確実に上がってきている様です。

本日のヤラカシ

お互い何匹かサヨリを掛け、私の手元の撒き餌が少なくなったのでバケツに撒き餌を移そうと釣り座を離れたタイミングに、運良くと言うか、悪くと言うか私の仕掛けにサヨリがかかりロッドを持って行ってしまいました。使っていたのは鮎のエサ釣りで良く使っている15尺のテンカラ、徐々に沖に持っていかれています。今年の鮎釣りではもう少しタイプの違う竿も新調しようとは思ってましたが、あの竿も手になじんだ相棒。うわ~今年の鮎釣り困る。その時です、しゃーきさんがサビキ仕掛けをキャスト。私の竿を釣っていただきました。サヨリもバレずにゲットできました。しゃーきさん、ありがとう。でもこのサヨリ私が釣ったの? しゃーきさんが釣ったの? まあ、私の竿に掛かっていたので私の獲物と言うことで。笑

本日の釣果

予報通り昼過ぎより雨が降り出し、釣果もあまり伸びず、厳しい釣りとなりました。私の釣果はサヨリ11匹、アジ1匹、鳴門の牡蠣22個でした。
暖冬の影響なのか表層の海水温はこの時期にもかかわらず約10℃、良型が昨年より多く残っているのか、数は釣れませんでしたが、サイズはまあまあでした。
最大サヨリの写真は撮ったのに釣果の写真をうっかり撮り忘れていたようです。写真がありません。笑
最大のサヨリは35UP、すべて32以上で前回より少しサイズアップしています。

no title

※今回の最大は35チョイ。今回はすべて32以上と型がそろっていました。

no title

※鳴門牡蠣、牡蠣もそろそろ終盤です。今年は海水温が高いので貝毒の発生が例年より早いかもとのこと。今シーズンの牡蠣をまだ食されていない方はお早めに。笑

no title

※手軽に調理するならレンジでチン、うちではスチームします。

ディープサヨリ

今回のサヨリの棚は約二尋、船長のアドバイスですが、私の経験でも最深部でのサヨリになりました。一般的な堤防でのサヨリ釣りは表層が中心の釣りなので、まったく別物の釣りです。
まあ、最近はこれといった釣法でもないのに、バーチカルなんちゃらとか、スーパーライトなんちゃらとか、キャスティングなんちゃらとかって呼び方を変えて経験の少ない釣り人を煙に巻いて商売をするという戦術が良く見受けられますので私もそれに習って今回の釣り方をディープサヨリって命名します。笑
少なくとも表層のサヨリ釣りしかしてない人が普段通りにサヨリ釣りをしてもあのレンジのサヨリはまず釣れないので、釣りとしては全くの別物です。笑

サヨリ釣りは撒き餌で魚の警戒心をパニクラセて口を使わす釣りですが、深いところで刺し餌と撒き餌をかぶせられるのは表層とは違いかなり難易度は高いですし、大きい魚ほど警戒心も強くなっているのでこのままサヨリが浮いてこない様なら、次回はもう少し撒き餌を重くするとか、なにか手を考えないと数釣りなんて夢のまた夢になりそうです、何を混ぜればいいんかな。ヌカだけでは絶対あかんね、多分。笑

次回釣行、リベンジなるか

私の小鮎開幕まであと1ヵ月です。3月最終週あたりには毎年小鮎の調査に行ってますので、サヨリのリベンジに行く時間が少なくなってきました。

引越しの予定について

YahooブログからLivedoorブログに引越しして暫く経ちますが再度引越しを計画しています。
出来れば今シーズンの小鮎からは新しいところで運営していきたいと思っています。
改めて連絡いたしますのでよろしくお願いします。
尚、移行先は既に試運用はしています。

本日のお酒(追加)

昨日は牡蠣を食べたのでサヨリは本日(3/1)頂きました。
IMG_4886
サヨリとアジお刺身で頂きました、酒は秋鹿。
米は山田錦、酵母は7号での山廃。王道ですよね。
まあ、食い物、飲み物の美味い不味いは人の好みなので、ご自由になんですが、大阪人が日本酒で何を買うか迷った時は大阪の地酒秋鹿を買っておけば間違いなしです。多分。笑